「人材」を「人財」にかえるスペシャリスト黄瀬紀美子からのご提案:より良い「職場環境」と「人材づくり」をサポートします。研修・講演のご依頼は077-522-7755まで。電話受付時間:平日(月〜金)10:00〜17:00

Top / 可哀そうな旦那さま

可哀そうな旦那さま

夕食の材料を買いに平和堂へ。
その時のちょっと気になった光景です。
アサリを買おうとしていた私の横に60代の男性が。
新鮮で水を噴き出していたので彼は、アサリを興味深く見ていました。
そこへ奥様が来たので、旦那様が「これいいなー」と言ったら
「いらん!」と奥様の一言。
黙っておとなしく後ろからついて行った姿を見て
なんだか可哀そうな気がしました。
アサリくらい買ってあげればいいのに。
一事万事。
彼は、日頃、食べたいものも食べられずにいるのかと思うと
同情してしまいます。
女性より男性が寿命が短いのは、好きなものより
出されたものを食べるからということを聞いたことがあります。
女性は、自分の食べたいものを好きなように料理して食べるので
ストレスも欲求不満も少なく男性より寿命が長いそうです。
本当かどうかわかりませんが、今日の光景をみると
なんだか分かりそうな気がしてきました。
我が家のアサリのお味噌汁を飲みながら
彼の顔を思い出しなぜかごめんね。
そんな気分になってしまいました。

« ブログトップに戻る »

ページの先頭へ

Last-modified: 2021-09-24 (金) 06:30:17 RSS