「人材」を「人財」にかえるスペシャリスト黄瀬紀美子からのご提案:より良い「職場環境」と「人材づくり」をサポートします。研修・講演のご依頼は077-522-7755まで。電話受付時間:平日(月〜金)10:00〜17:00

Top / 不安を取り除く 私流

不安を取り除く 私流

人は、誰でも多かれ少なかれ
不安を抱きながら生きています。
何故、不安になるのでしょう。
先が分からないからです。
経験をしたことがないからです。
強迫観念にとらわれるからです。
自分中心に考えるからです。
では、その不安をどう乗り切ればいいのでしょう。
ちょっとだけ視点を変えるだけで世界が変わって見えます。
私は、割りきりと居直りで不安を乗り越えています。
先の分からないことにいくら考えても悩んでも
解決には至りません。
そんな時、最悪を想定して覚悟を決めれば、
心がドンと落ち着きます。
それからできることを一つずつ行動するのみです。
わからなくて不安であればわかるように動くことです。
じっと部屋で考え込んでも事は解決しません。
動くことで何らかの変化があり
改善へつながる事がいっぱい見えてきます。
特に、人に出会うことは効果的です。
その時のポイントは、普段気の合う人ではダメです。
視点が自分と同じ人では進展がありません。
耳が痛いと思うくらいの人のほうが新たな発見があるものです。
ただし、素直に耳を傾けられなければ意味がありません。
頑固もある意味こだわりがあっていいと思いますが
ただむやみに頑固であるのでは考えものです。
さて、不安を解消するには、最後は、これがある!
そう思えるものを見つけることです。
それは、お金や地位じゃなくても、なんでもいいんです。
山にこもって自給自足をするとか
誰が何と言おうと自分のやり方でいくとか。
一人でもやりとおしたいものを見つけると人間強くなります。
少しシンプルに考えてみたらいかがでしょう。
自分にとって一番大切なもの・一番大切な人は?
人をあてにすることでストレスになることも多いです。
どんな状況でも他人をあてにせず自分の力で生きる。
その自立心があれば自然に心にも余裕が出てきます。
やっぱり、ひとりひとりの意識が高まらなければ
社会全体も良くならないということですよね。
世の中の無情を嘆く前に今一度自分の
できること・やるべきことを考えてみましょう。
最近、研修先・講演先で「不安」です。
そんな言葉が良く出るので気になり、今日は不安について
書きました。
少しでも参考になれば嬉しいです。

« ブログトップに戻る »

ページの先頭へ

Last-modified: 2021-08-26 (木) 04:44:45 RSS