「人材」を「人財」にかえるスペシャリスト黄瀬紀美子からのご提案:より良い「職場環境」と「人材づくり」をサポートします。研修・講演のご依頼は077-522-7755まで。電話受付時間:平日(月〜金)10:00〜17:00

Top / 胡麻のお話

胡麻のお話

昨日、娘の友達が泊まっていきました。
その時に頂いたお菓子がとっても美味しかったので紹介します。
東京の銀座たまやの「ごまたまご」というお菓子です。
黒胡麻ペーストをスポンジ生地で包みそれをホワイトチョコレートでコーティングした可愛いたまご型のお菓子です。
胡麻の風味が香ばしくて、美容と栄養がたっぷりと言う感じがします。
そのお菓子の箱に入っていた説明書で面白い話がありました。
少しだけ抜粋して紹介します。
胡麻は、特有の風味や香りがよいことから調味料としても使われて、どんな料理やお菓子でも美味しくしてしまうということです。
それで、「胡麻味化する」ということを「胡麻化す」という表現になったようです。「誤魔化す」は当て字という説もあるようです。
胡麻は、日本だけでなく有史以前からその効用が世界で認められ、かのクレオパトラもごま油を利用して美しさを磨いたとか。
また、コレステロールを溶かす不飽和脂肪酸も多くて、皮膚をきめ細かくする性質や消化を助けたり血液循環をよくする栄養素がいっぱい詰まっているようです。
そんなことで、毎日の生活に胡麻を取り入れようと思います。
ついでに、きな粉と抹茶もどうぞ!
自然食の先生から教わりました。
毎日、胡麻ときな粉と抹茶を欠かさずにいるんですって。
さすが、60歳になる先生の肌はきれいでしたよ。
みなさんも、始めてみたら如何ですか?
きれいになったら教えてくださいね。

« ブログトップに戻る »

ページの先頭へ

Last-modified: 2021-08-26 (木) 04:44:45 RSS