「人材」を「人財」にかえるスペシャリスト黄瀬紀美子からのご提案:より良い「職場環境」と「人材づくり」をサポートします。研修・講演のご依頼は077-522-7755まで。電話受付時間:平日(月〜金)10:00〜17:00

Top / 【黄瀬紀美子の人材育成最前線】就労支援事業に関わってー職業訓練生が目標を達成するために必要なこととは

【黄瀬紀美子の人材育成最前線】就労支援事業に関わってー職業訓練生が目標を達成するために必要なこととは

 会社を立ち上げてから26年を越え、会社員として働いた時間より、経営者として働いている時間のほうが大きく上回っていることになります。周りの方からはベテランと呼ばれることも多いのですが、毎日が新しく、仕事にも学びにも終わりはないというのが実感です。

 さて「学び」ということでは、職業訓練の公的機関である「ポリテクセンター」における就労訓練の講師として、創業来、継続して関わらせていただいてます。

 ここでは、就労を目指す方々が、そのための職能を得るために3ヶ月、長いコースでは1年以上、講義や実習を受けることになります。
 訓練の期間も内容もさまざまですが、全てにおいて言えるのは、この期間をどれだけ有益に過ごせるかどうかは、訓練の始めの1週間が重要ということーーわたしの持論です。

 学びのための心構えが、いかに大事か。

 受講者が、それぞれの目標を達成するためには、「自分はここで何のために何を学ぶのか」を、はっきりと自覚すること=「学ぶ心の状態」を、しっかり作ることができるかどうかにかかっているといっても過言ではありません。

 ありがたいことに、人材育成・職業訓練分野における弊社の成果に対して、各機関の方がたからも大きな評価と信頼をいただいており、さまざまな訓練コースの、職業人意識、マナー、コミュニケーションといったビジネス基礎から、営業事務など専門に特化した訓練内容まで、幅広く、担当させていただいております。

 「初日の先生の言葉で気が引き締まりました。」
修了日に受講生からよく言われる言葉ですが、わたしにとって何より嬉しい瞬間です。
 
 不況がつづくなか、1日も早い景気回復へ、職業訓練が果たすべき役割は年々大きく、わたしも一層力を入れて取り組んでまいる所存です。
 職業訓練受託事業主様は、ぜひお声かけください。訓練コースからフォローアップまで、トータルでご相談に応じます。
電話、ファクス、メール、いずれかでも承っております。何なりとお気軽に、おたずねいただければ幸いです。

  • 電話  :077−572−6430
  • ファクス:077−572−6390
  • メール:acs@kyj.biglobe.ne.jp

      2014年2月 黄瀬紀美子

ページの先頭へ

Last-modified: 2021-07-27 (火) 19:43:50 RSS