「人材」を「人財」にかえるスペシャリスト黄瀬紀美子からのご提案:より良い「職場環境」と「人材づくり」をサポートします。研修・講演のご依頼は077-522-7755まで。電話受付時間:平日(月〜金)10:00〜17:00

Top / 黄瀬紀美子の人材育成最前線 〜下半期に向けて・フロアマネージャーに求められる3つの資質〜

黄瀬紀美子の人材育成最前線 〜下半期に向けて・フロアマネージャーに求められる3つの資質〜

4月からスタートした2014年度も半ばを過ぎました。

上半期の総括と今後の予定を確認して、「もう半期しかない」と思うか「まだ半期ある」と思うか、みなさまはどちらでしょうか。

どんな仕事でも、計画通りにすすめるのはなかなか難しいことです。

ビジネスはとことん「数字」の世界ではありますが、「数字」だけでは測れない局面が、しばしば起こります。

我が社でも年間計画を策定しておりますが、ことフロアマネージャーは、常に現場の状況に対応することが求められる職務です。「フロア」は、数値合わせや机上の理論だけでは担えません。つねに目で見て、肌で感じたことを、理論に落とし込み、実践に移していく一連の対応力が重要な資質と思います。

加えて2つの能力:感覚から実践へ結びつけるための反射神経と、現場に立ちつづけるための体力
これらもフロアマネージャーの資質として必要です。つまり、フロアマネージャーには、デスクワークと比べよりフィジカル面の強さ、意識が求められるものと考えます。

「頭では分かっていても出来ない」という方が、少なからずおられるのは、おそらくこの辺りに課題があるのではないでしょうか。

今回は、前回に続き「フロアマネージャー」という職務について、少し突っ込んで書いてみました。

現場もスタッフも十人十色、実際携わってみないと分からないことが多いです。

体力がある方と自負する私も、正直、ヘトヘトになるときがあります。
でもそれは全力対応した証拠でもあります。
疲れなかったらウソですし、「疲れたらしんどいって言っていいのよ」と、スタッフにも話します。

まずはそんな気楽な会話から出来れば。

この下半期、フロアの業務改善やスタッフ強化をお考えの皆様に、お応えさせていただきます。
下記宛、なんなりとお尋ねくださいませ。

2014年8月 黄瀬紀美子

ページの先頭へ

Last-modified: 2021-09-24 (金) 06:30:17 RSS