「人材」を「人財」にかえるスペシャリスト黄瀬紀美子からのご提案:より良い「職場環境」と「人材づくり」をサポートします。研修・講演のご依頼は077-522-7755まで。電話受付時間:平日(月〜金)10:00〜17:00

Top / ジョハリの窓

ジョハリの窓

自分をよく知っているつもりが、実は自分を一番知らないのが自分かもしれません。
ジョハリの窓から学べる自分気づき。
コミュニケーションでの自己開示と円滑なコミュニケーションの進め方を提案された
ジョセフ・ルフトとハリー・インガムの二人の心理学者の名前を組み合わせたのがジョハリです。
ジョハリの窓に映る4つの自分を知ることで、現在の自分の状況をさらに知り
強味・弱みが改めて見えてきます。
1つ目の窓 自分も周りも知っている自分
2つ目の窓 自分は知っているが周りは知らない自分
3つ目の窓 自分は知らないが周りは知っている自分
4つ目の窓 自分も周りも知らない自分
1つ目の窓を大きくすることで、よりよいコミュニケーションができていくのですが
頭でわかっていても、なかなかうまくいかないのが現状。
2.3.4の窓は、自分と周りとのコミュニケーションが不十分なので誤解やトラブルが生じやすいですね。
自分が知っている自分を大きくすることと周りが知っている自分を教えてもらうことで
コミュニケーションギャップは、少なくなるのですが、
周りが知っている自分を教えてもらっても、それを素直に受け入れる気持ちになれるかどうか?
これがまた、なかなか難しいようです。
でも、中途半端なプライドを捨てきれずにモヤモヤしているよりも
人の忠告を素直に受け入れたほうが、ずっと気も楽になり、周りとのコミュニケーションもスムーズになります。
はい! そう思ったら実践のみですね!!
 

« ブログトップに戻る »

ページの先頭へ

Last-modified: 2021-09-24 (金) 06:30:17 RSS