「人材」を「人財」にかえるスペシャリスト黄瀬紀美子からのご提案:より良い「職場環境」と「人材づくり」をサポートします。研修・講演のご依頼は077-522-7755まで。電話受付時間:平日(月〜金)10:00〜17:00

Top / 体の冷えは万病のもと

体の冷えは万病のもと

黄瀬紀美子の一言講座
「どんな病気も温めれば治る」
医学博士 石原結實
「現代人は、毎日測定しなければならないのは体重より体温です。」
石原先生はそう言われています。なぜ冷えは体によくないのか?
わかりやすく説明されていますので紹介します。
36.5℃ 健康体で免疫力も旺盛。
36.0℃ 震えることによって熱産生を増加させようとする。
35.5℃ この状態が恒常的に続くと排泄機能低下、自律神経失調症状、アレルギー症状が出現。
35℃ ガン細胞がもっとも増殖する体温。
34℃ おぼれた人を救出後、生命がもつかどうかギリギリの体温。
33℃ 冬山で遭難し、凍死する前に幻覚症状が現れてくる体温。
30℃ 意識消失。
29℃ 瞳孔拡大。
27℃ 死体の体温。
人間の体は、36.5℃~37℃の体温の時がもっともよく働くようにできているそうです。
体温が低くなると体のあちこちに不調を感じるようになります。
ここ最近、寒さが増してます。
体調管理に、意識的に体を温め体温を上げることが必要なのだそうです。
早速、実践したいと思います。

« ブログトップに戻る »

ページの先頭へ

Last-modified: 2021-11-23 (火) 01:01:30 RSS