「人材」を「人財」にかえるスペシャリスト黄瀬紀美子からのご提案:より良い「職場環境」と「人材づくり」をサポートします。研修・講演のご依頼は077-522-7755まで。電話受付時間:平日(月〜金)10:00〜17:00

Top / 断・捨・離  

断・捨・離  

 
断・捨・離
この言葉が使われるようになって随分経ちますが
最近、特にこの意味を深く味わうようになりました。
60歳という年齢のせいでしょうか。
特に人間関係や仕事に顕著に現われています。
独立してから今までは、とにかくどんな仕事でも受けようと必死でした。
来るものは拒まず。
利益を度外視してがむしゃらに仕事をしてきました。
最近は、一息おくようになりました。
これも、この年齢がそうさせているのでしょうか。
決して後ろ向きとかマイナス思考とかではありませんので誤解無く。
むしろプラスのイメージの方が強いのです。
今の自分。これからの自分に焦点をあてて何がいいのか?
どんな働き方が良いのか?  どんな人と付き合うのが良いのか?
自分なりにはっきりとしてきました。
そうです。
今まさに私は断・捨・離を一つ一つ進めている真っ只中なのです。
一般的な寿命があったとしてあと20年をどう生きるか。
自分が納得し誇りを持って生きていきたい。
自分が亡くなった後も家族や友人、ご縁を頂いた方々にも
黄瀬紀美子と出会えてよかった。
そう思ってもらえるような生き方をしたい。
もう、あちこち八方美人の生き方には、終止符。
みんなに良い人は、結果的には誰にも良い人にならない。
本当に必要としている人と本当に価値をわかってくれる人と
残された貴重な時間を使っていきたい。
真の私の理解者こそ今後の人生に最も大切な存在です。
改めて大事な気づきをありがとう。
今日は、そんな気分です。
さあ、今から大学へキャリアプランニングの講義に出かけます。
熱いメッセージをおくってきます。

« ブログトップに戻る »

ページの先頭へ

Last-modified: 2021-08-26 (木) 04:44:45 RSS