「人材」を「人財」にかえるスペシャリスト黄瀬紀美子からのご提案:より良い「職場環境」と「人材づくり」をサポートします。研修・講演のご依頼は077-522-7755まで。電話受付時間:平日(月〜金)10:00〜17:00

Top / 敬語は形式じゃなく 心をこめて

敬語は形式じゃなく 心をこめて

敬語は、尊敬の言葉を表す言葉です。
大きく分けて5つに分けられます。
シーン別に使い分けてみましょう。
1.尊敬語 尊敬する人に敬意を表す時
2.謙譲語 相手よりも謙って話す時
3.丁重語 自分の動作を丁重語に置き換えることで相手に敬意を表す
4.丁寧語 その場にいる人に敬意を表す
5.美化語 人物対象ではなく物事を美化する時 
など挙げられますが、
結局は、どれだけ自分の心が込っているかが大事ですね。
あまり形式だけにとらわれずに、目配り・気配り・思いやりを持って
いきたいものです。
どんなに本を読んで知識を詰め込んでも、真心が無ければ
相手には伝わりません。
自分では、ちゃんとしているつもりでもあなたの一言や
ちょっとした態度が相手に不快感を与えていることもあるので
気をつけましょう。
私も気をつけます!!

« ブログトップに戻る »

ページの先頭へ

Last-modified: 2021-09-24 (金) 06:30:17 RSS