「人材」を「人財」にかえるスペシャリスト黄瀬紀美子からのご提案:より良い「職場環境」と「人材づくり」をサポートします。研修・講演のご依頼は077-522-7755まで。電話受付時間:平日(月〜金)10:00〜17:00

Top / テレビ放映のあり方

テレビ放映のあり方

テレビは、便利ですが困った問題もあります。
たとえば、ニュースでいろんな事件を報道しますが
あまりにも詳しく放映すると視聴者は、
「あんなふうにしたらいいんだ」と真似をする人も出てきます。
殺人、自殺、強盗、大麻事件など。
今日、テレビの報道特集で大麻汚染についての番組を見ていて心配になりました。
大麻(クリスタルシーズ)の栽培方法まで説明しているのを見て
そこまで詳しく説明する必要がないと思いました。
テレビという不特定多数の人が見るものにあのような内容は危険です。
「大麻が欲しい」、「大麻を栽培してお金儲けができる。」
そんな考えを助長させるようなことにもなりかねないです。
実際に、早稲田大学の学生が大麻栽培で逮捕されています。
報道関係者の皆様、このような番組はもう少し考えてください。
事実を明らかに放映するのはいいのですが、
放映によって社会全体にどんな影響があるかもっと慎重にお願いします。

« ブログトップに戻る »

ページの先頭へ

Last-modified: 2022-05-03 (火) 00:50:43 RSS